水道専門用語収録リスト:武蔵水路・無人ポンプ場

修理隊

水道用語一覧

武蔵水路(むさしすいろ)
江戸時代に江戸(現在の東京)から埼玉県までの水運を目的として開削された水路です。この水路は、江戸時代中期に建設され、江戸の城下町から周辺地域への物資輸送や農業用水の供給などに使用されました。以下は武蔵水路に関する詳細です。
建設と経緯
武蔵水路は、徳川幕府によって建設されました。江戸時代の中期、江戸周辺の食料供給が逼迫しており、また、江戸城の西方に位置する多摩地域の農産物を市場へ供給するための手段として計画されました。
水路のルート
武蔵水路は江戸(現在の東京都中央区)から多摩地域の埼玉県入間市までの約40キロメートルにわたるルートを持ち、多摩川の水を利用しています。多摩川からの導水と、地下水源の活用により水路が供給されました。
用途
武蔵水路は、江戸の城下町に食料や建材などの物資を供給し、また、多摩地域での農業用水供給にも利用されました。江戸時代の都市と農村を結ぶ重要な役割を果たしました。
衰退と現代への影響
武蔵水路の重要性は次第に低下し、明治時代には鉄道や道路の整備により水運の需要が減少しました。現代では水路の大部分は埋め立てられ、その名残りはほとんど残っていません。しかし、武蔵水路は都市計画や歴史研究の観点から注目を集めており、一部が再生されて歴史公園や遊歩道として保存・活用されています。

武蔵水路は江戸時代の交通インフラストラクチャーの一部として、江戸の発展と周辺地域の生活に大きな影響を与えた重要な水路でした。



無人ポンプ場
水道設備や水供給システムの一部で、自動化された制御システムによって運用され、人間の操作を必要としないポンプ施設です。無人ポンプ場は、水の供給と配布を効率的かつ信頼性の高い方法で管理するために使用されます。以下は無人ポンプ場に関する詳細です。
自動化と遠隔監視
無人ポンプ場は通常、コンピューターシステムやセンサーを使用して自動制御されます。水位、水圧、ポンプの動作、エネルギー消費などの情報が遠隔監視センターに送信され、運用者がリアルタイムでシステムの状態をモニタリングし、必要に応じて調整できます。
遠隔操作
遠隔監視に加えて、無人ポンプ場は遠隔操作も可能です。ポンプの起動、停止、圧力調整、ポンプの切り替えなどを遠隔から制御できます。
信頼性と効率性
無人ポンプ場は、連続的な運用が求められる場合や非常時においても高い信頼性を提供します。また、ポンプの運転と停止を効率的に調整し、エネルギーの節約にも寄与します。
緊急時対応
無人ポンプ場には緊急事態に備える仕組みが組み込まれており、システムの故障や異常な操作に対処するためのプロトコルが存在します。遠隔監視センターからの指示に従って対応できます。
遠隔地への展開
無人ポンプ場は遠隔地や広大な地域に設置されることがあります。これにより、人的資源の節約や遠隔地の水供給を改善できます。

無人ポンプ場は、都市や地域の水供給システムにおいて、効率性、信頼性、緊急時の対応能力を向上させるために重要な役割を果たしています。特に大規模な水道設備や複雑な水供給ネットワークでは、無人ポンプ場が不可欠な要素となっています。


電話相談


電話総合サポート
copyright©2019 修理隊 all rights reserved.