水道専門用語収録リスト:レスリリーフバルブ・レセプタクル

修理隊

水道用語一覧

レスリリーフバルブ
圧力制御のために使用されるバルブの一種であり、特定の圧力条件を超えた場合にシステム内の圧力を安全に解放する役割を果たします。これにより、装置や管路の圧力が危険なレベルに達することを防ぎ、システムの安全性を確保します。レスリリーフバルブはさまざまな産業およびアプリケーションで使用されており、特に圧力制御が重要な場所で見られます。
以下は、レスリリーフバルブに関する詳細情報です。
動作原理
レスリリーフバルブは、一般的にスプリングや重力によって閉じられ、設定された圧力がシステム内にかかると、バルブが開いて圧力を解放します。圧力が設定値以下に下がると、バルブは再び閉じます。これにより、システムの圧力が安全な範囲内に保たれます。
用途
レスリリーフバルブは、さまざまな用途で使用されます。例えば、以下のような場所で見られます。
a.蒸気ボイラーや圧力容器; 圧力制御および安全性確保のために使用されます。
b.油圧システム; 油圧機器の圧力を制御し、システムの損傷を防ぎます。
c.ガス供給; ガス圧力を安全なレベルに制御し、事故や漏れを防ぎます。
d.圧力設定; レスリリーフバルブの圧力設定は、特定のアプリケーションやシステムの要件に合わせて調整されます。適切な圧力設定は、システムの安全性を確保するために非常に重要です。
保守
レスリリーフバルブは定期的に点検および保守が必要です。スプリングの状態やバルブのシールなどが機能しなくなることがあるため、定期的な点検は信頼性を確保します。

レスリリーフバルブは、圧力が急上昇した場合や過度に高い場合にシステムの破損や事故を防ぐために不可欠な装置です。安全な圧力管理を確保し、設備やシステムの信頼性を高めるのに役立ちます。



レセプタクル
水道や排水システムなどで使用されるコンテナや受け皿を指す用語です。レセプタクルは、液体や固体の物質を受け取り、一時的に保持または処理するために設計された容器または設備です。以下は、一般的なレセプタクルの例とその用途です。
洗濯機排水レセプタクル
これは洗濯機の排水を受けるために使用される受け皿またはタンクのことを指します。洗濯機の排水ホースは、このレセプタクルに接続され、排水が収集されます。これは水漏れを防ぎ、排水を制御するのに役立ちます。
ゴミ受け皿
キッチンの流し下や食器洗い機の下に設置されるゴミ受け皿は、食べかすやゴミを収集し、排水システムに進入しないようにします。これにより、排水パイプが詰まるのを防ぎ、清潔さを保ちます。
下水道マニホールド
下水道システムでは、レセプタクルが排水管の分岐点やインスペクションホールの下に設置され、汚水を受ける役割を果たします。これにより、下水道管の検査や保守が行いやすくなります。
石油受け皿
工業プロセスや油田の掘削場などで、石油や液体化学物質を受け取るための大型レセプタクルが使用されます。これらのレセプタクルは安全性を確保し、漏れや環境汚染を防ぐのに役立ちます。
雨水受け皿
屋外の雨水排水システムでは、雨水を受け取り、地下の貯水槽や流路に導くための受け皿が使用されます。これにより、雨水の効率的な管理と浸透が実現します。

レセプタクルは、液体や物質の収集、処理、および管理に幅広く使用され、特定のアプリケーションやシステムに適した形状、サイズ、材料で製造されます。水道、排水、産業プロセス、環境保護など、さまざまな分野で重要な役割を果たしています。


電話相談


電話総合サポート
copyright©2019 修理隊 all rights reserved.